「我慢する」「我慢できない」を英語でどう表現する?

「我慢する」とか「我慢できない」を英語で表現するには、いろいろな方法があります。

試しに手元の辞書を引いてみると、一番最初に have patience という表現が載っていますが、私自身はこの表現をあまり使いませんし、聞いたこともあまりないです。be patient と形容詞の形なら使いますが。

で、私の感覚として、「我慢する」、「我慢できない」の表現でよく使うものは以下の通りです。

・to stand
・to put up with
・to tolerate
・to bear
・to be patient

それぞれ見ていきましょう。

to stand

stand は、普通「立つ」という意味の自動詞で使われますが、他動詞として「…を我慢する」という意味で使われることもあります。口語的な表現です。

どちらかというと、否定文で、can’t stand … という形で使われることが多いです。

I can’t stand him smoking in this house!
この家でタバコを吸う彼に我慢がならないんだ!

上に述べたように、stand は主に否定形の can’t stand という形で使われるため、「我慢ができない」とよりも「嫌でならない」とか「耐えられない」という風に訳す方が適切な場合もあります。

to put up with

私はこの表現をよく使います。日本語の「我慢する」に結構ニュアンスが近い感じです。「嫌だけれど、我慢する」といった感じです。

I don’t understand how you can put up with that noise.
君がどうやってあの音に耐えられるのか、私には分からない。

to tolerate

この表現も to put up with と同じように使われますが、私の感覚では、to put up with よりもやや書き言葉に近いですね。

なお、tolerate の名詞である tolerance は、「許容誤差」といった意味でよく使われます。

to bear

先に述べた to stand と同じようなニュアンスですが、to stand よりも to bear の方がフォーマルな感じです。

「我慢する」よりも「耐える」というニュアンスです。

なお、「我慢できない」という意味で、can’t bear の形も使われますが、unbearable もよく使われます。

to be patient

「我慢しなさい」という意味で、Be patient という表現はよく使われますね。どちらかというと、「辛抱しなさい」のニュアンスです。

「もう我慢できない」の「もう」に相当する英語表現

日本語で「もう我慢できない!」という表現がよく使われます。この「もう」は、「もうこれ以上」の意味が含まれていると思いますが、この「もう」にピッタリ対応する英語表現があるのです。

それは、anymore です。

実際、I can’t stand it anymore! といった形でよく使われます。anymore をつけることにより、「これまで我慢してきたけれど、もう限界」というニュアンスになるのです。

みなさん、万が一このブログで気に入らない文章があったとしても、ぜひ Be patient でお願いします…。