absent の意味と使い方:「欠席の」だけじゃない?前置詞としての使い方

absent

absent は、「欠席の」という意味の単語で、日本では確か中学生で習うような基本的な語です。

ですが、意外なことに absent は前置詞としても使えることをご存知でしたか。

今回は、そんな absent について説明します。

absent fromの意味: 「…を欠席している/…を休んでいる」

まずは、基本的な absent の使い方についておさらいしておきましょう。

absent from … で「…を欠席している」や「…を休んでいる」という形容詞となります。

He is absent from school.
彼は学校を休んでいる。

気を付けないといけないのは、文法的に absent from … は形容詞として使われるということです。

一般には形容詞のみの用法が知られている absent ですが、実は absent には、前置詞としての用法もあるのです。

前置詞 absent の意味: 「…なしで」

前置詞の absent は、「…なしで」とか「…がなければ」とか「…がない限り」といった意味で使われます。英語の without と同じような感じです。

例えば、アメリカの『Los Angeles Times』で以下のような使われ方をしています。

“Absent an unexpected groundswell of opposition, Congress this week will pass legislation …”*1
【訳】予期せぬような反対の高まりがない限り、議会は今週にも法案を可決するだろう

まあ、absent 自体に「いる(ある)べき場所に存在しない」といった概念がありますので、「…がない限り」という日本語の意味を知っていなくても、文章はなんとなく理解できるのではないでしょうか。

感覚的には、absent の前置詞的な用法は、新聞記事とか学術的な論文や書籍などで使われる印象です。経済関係の記事でも見かけます。

英語が話せるようになりたいですか?

「なぜ、英語をたくさん勉強しても、話せるようにならないんだろう…」

「英語を話せる人って、やっぱりかっこいい」

そう思ったこと、ありませんか。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

そして、英会話を習得するには、やはり「英語で会話」をすることが一番の早道です。私も経験を通して実感していますが、言語には「習うより慣れろ」という側面が結構大きいのです。

私も、机上の勉強よりも、ネイティブの方と実際に会話し訓練することにより英語が話せるようになった経験があります。

現代では、ネットが発達していて、ひと昔前では考えられないような環境が整っています。これを利用しない手はありません。

下記の記事に、最新版のおすすめオンライン英会話・英語スクールをまとめました。ネイティブの方との会話を通して、英会話能力を高めましょう!

時間はお金よりも大切です。無料レッスンもありますので、まずは第一歩を踏み出す勇気を出しましょう。

【最新版】おすすめのオンライン英会話・英語スクール

「英会話スクール」トップへ

「語の知識」トップ

-参考資料-
*1 Jaffer, Jameel, Detainee-abuse photos and democracy, Los Angeles Times, October 20, 2009, http://articles.latimes.com/2009/oct/20/opinion/oe-jaffer20