as such の意味と使い方 文頭で使うのは正しい?

英文法

such を使った表現に、as such というものがあります。

as such は、「そのようなものとして」といった意味で使われます。

この as such、文頭に使う例も時々見かけます。

さて、as such を文の始めに使うのは正しいのでしょうか。

今回は、意外とちゃんと使えてない(?)as such について説明します。

as such の意味

as such は、「そのようなものとして」とか「…の資格で」、または「…なので」といった意味で使われます。

この場合、such は代名詞として使われています。

ですから、as such は文法的には、「反復の代名詞」と言われたりします。

as such は、例えば以下のように使われます。

He is a patient, and he should be treated as such.
彼は患者なので、そのように扱われるべきだ。

反復の代名詞には、他にも one とか that などがあります。

ちなみに、as such に似た表現に such as … がありますが、such as … は「…のような」とか「…など」といった意味で使われます。such と as の順番を逆にしただけですが、意味や使い方は異なります。

さて、次は as such を文頭に使う例について見ていきましょう。

as such の使い方 「そういうわけで」という意味で使うのは間違い

さて、上に述べたように、as such は「…なので」といった意味を持ちますが、この as such を文頭に使っている文章を見かけることがあります。

例えば、以下のような感じです。

The device has been broken and left unrepaired for a long time. As such, he wants to buy a new one.
その装置は壊れていて、長い間放置されている。そういうわけだから、彼は新しい装置を買いたい。

この場合、as such は、「なので」とか「そういう事情で」といった意味で使われていることになります。

therefore や accordingly と同じような使い方ですね。

上述のように、as such には「…なので」という意味があるので、一見正しい使い方にも見えます。

果たして、この使い方は本当に正しいのでしょうか?

結論から言えば、as such を therefore などの意味で使うのは、「文法的には」正しくありません。

というのも、as such の such は、代名詞として扱われており、therefore の意味とは異なるからです。

as such の正しい用法の例をもう一度見てみましょう。

He is a patient, and he should be treated as such.
彼は患者なので、そのように扱われるべきだ。

この例文のように、as such は「そのように」といった感じで使われます。

そして、上述のように、as such の such が代名詞的に使われますので、この例文で such は、patient のことを指すわけです。

すなわち、上の例文は、以下のように言い換えることもできるのです。

He is a patient, and he should be treated as a patient.

ここで、最初に挙げた、as such を「そういうわけで」という意味で文頭で使っている例文を見てみましょう。

The device has been broken and left unrepaired for a long time. As such, he wants to buy a new one.

さて、この例文の such は、何を指しているのでしょう?

この such は、前の文にあるどの語(先行詞)も指していません。これでは such が代名詞として使われているとは言えませんよね。

この例文では、as such を therefore(…なので)と同じような意味合いで使っていますが、「文法的に」好ましくありません。

「そういうわけで」という意味で as such を使いたい衝動に駆られても、そこは素直に therefore や accordingly を使いましょう。

Therefore の意味・使い方・例文 Therefore I am とは

as such を文頭に使うのは全くの間違いか

では、as such を文頭に使うのはダメなのか、というとそういうわけではありません。

あくまで、as such = therefore として使うのが文法的に間違いであるということです。

ですから、例えば以下の文のように使うのはOKです。

She is a mother. As such, she needs to take care of her children.

この場合、such を a mother と言い換えても、十分に意味が通じます。

She is a mother. As a mother, she needs to take care of her children.

つまり、such は、先行詞である a mother の代名詞としてちゃんと機能しているわけですね。

この例のように、therefore という意味ではなく、代名詞として such を使う形にすれば、文法的に正しいということになります。

as such = therefore は全く間違い?

だったら、as such を therefore などのように使うことはないか、というとそう単純でもないわけです。

ネイティブ(多分)が書いたとみられる文章でも、時折 as such を therefore と同じように使う例を見かけます。

ただ、現在のところ、「文法的」には、そいういった用法は間違いであるわけです。

誤った使い方が広まって、それが正当な使い方になる可能性は無きにしも非ず、といったところでしょうか。

言語は生き物のような側面があるのです。

とりあえず、論文など正式な書類の文章では、 as such を文頭に使うのは控えておいた方がよいかもしれませんね。

これをきっかけに、therefore についても正しい知識を学んでおきましょう。

Therefore の意味・使い方・例文 Therefore I am とは

英文法の苦手を克服

英語の文法は難しく感じることがありますよね。

ですが、英文法は決して理解不可能なものではありません。ただ、文法書といったような学術書や、無味乾燥な教科書を読んでいても、英文法が難解なものだと感じてしまうこともあります。

このブログでは、英文法について、知識やカリキュラム偏重ではなく、分かりやすく理解できるように説明することを心がけています。

是非「英文法」をご覧ください。

また、英語の文法だけではなく、「使える英語」をマスターしたい場合は、下記のサービスもおすすめです。

「スピークバディ パーソナルコーチング」無料カウンセリング受付中

英語表現やイディオムの知識を深める

今回学んだ表現以外にも、様々な表現に触れてみたいと思いませんか。

是非、下記をご覧ください。

英語表現・イディオム辞典(英和)

英語表現・イディオム辞典(和英)

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR