英語 absorb の意味や使い方 adsorb との違い

absorb は、「吸収する」という意味で、特に技術分野でよく見かける語だ。

日本語における「吸収する」とかなり概念は似ているので、理解するのにそれほど困らないだろう。

それでは、absorb の意味と使い方、注意点などについて詳しく説明しよう。

absorb の意味と使い方

absorb は、広く「吸収する」の意味で使われる。

この場合、日本語と同じように、「紙などの物質や植物などが、液体や気体などを吸収する」という意味で使われることもあるし、「知識などを吸収する」という意味で使われることもある。

Plants absorb carbon dioxide and water.
植物は、二酸化炭素と水分を吸収する。

また、特に技術分野では、「光や熱、エネルギーなどを吸収する」という意味でも使われる。

The incident light is absorbed by the sample.
入射光は、試料に吸収される。

概念的に、かなり英語と日本語とで近いことが分かる。

absorb の発音

absorb は、「アブゾーブ」と発音する。「アブソーブ」と発音してもよい。

最初の ab- の音節はあまり強く発音せず、曖昧に発音する。-sorb の部分にアクセントが来る。

absorb の派生語

absorb には多くの派生語が存在する。技術分野で見かけることが多い。いくつか例を挙げよう。

absorption の意味

absorption は「吸収」という意味だ。

absorb の名詞形。

スぺリングの点で、最後の b が p に変わった後に -tion がつくことに注意しよう。

「アブソープション」と発音する。

absorbance の意味

absorbance は「吸光度」という意味だ。

物理の分野で用いられる。

普通は不可算名詞だが、数値などが示されたり、形容詞などを伴って具体性を持つと、可算名詞として使われることもある。

absorber の意味

absorberは「吸収体」という意味だ。

また、absorber には、「吸収体」のほか「吸収器」という訳語が当てられることが多い。

概念的には「吸収する物」ということで、文脈に沿った訳語が当てられる。

absorb と adsorb の混同に注意

技術分野の英語において「あるある」の話だが、absorb と adsorb は、似て非なる2つの語であるので要注意だ。

absorb が「吸収する」という意味であるのに対し、adsorb は「吸着する」という意味である。

なんでこんな似たようなスペリングにするかな、と思う。b と d なんて、左右逆にしただけではないか。

ちなみに、接頭語の ad- は、ラテン語由来で、英語の to と似たような意味である。

ネイティブスピーカーも納得する技術英語表現

技術英語に関する他の記事もどうぞ。

「技術英語の殿堂」の目次

単位

英語で「数字(値)」と「単位」の間にスペースは必要か

0.1 にくっつく単位は複数形?単数形?

専門用語

「極対数」を英語で何という?読みは?モータなどで使用

英語 absorb の意味や使い方 adsorb との違い

「潜熱」を英語で何という?その意味と使い方

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR