「コロナウィルス」は英語で何?

最近、日本で話題となっている「新型コロナウィルス」。これは、もちろん日本だけでなく、世界でも話題となっています。

英字新聞や英語のニュースを見ても、最近は「コロナウイルス」を見ない日はないといっても過言ではないほどです。

さて、この「コロナウィルス」、英語でどのように表記するのでしょうか。

「コロナウイルス」は英語で coronavirus

「コロナウィルス」は英語で coronavirus といいます。

そもそも「ウィルス」を意味する virus に「コロナ」のローマ字読み風である corona をくっつけただけなので、日本語からも類推しやすいスペリングです。

ちなみに、corona は、元々の意味(原義)として「冠」の意味があります。推測ですが、コロナウィルスが環状の形状をしているのでこの名前がついたのかな、と考えてます。

coronavirus は複数形で表記されることも多く、複数形では coronaviruses となります。

また、coronavirus は CoV と略記されることもあります。

「新型コロナウィルス」は英語で何?

さて、今回「コロナウィルス」に世界中の人々が戦々恐々としているのは、まぎれもなくこのウィルスが史上初めて人類に感染したと考えられているからです。

だからこそ「新型コロナウィルス」というわけですよね。

で、この「新型コロナウィルス」ですが、英語では novel coronavirus と表記します。

novel は「新規な」という意味の形容詞です。new とほぼ同じ意味ですが、novel には「これまでにない斬新な」というニュアンスがあります。

「これまで人体で発見されたことのない新しいコロナウィルス」ということで novel coronavirus と言うわけですね。

日本の報道で nCoV という表記を見たことがありませんか。これは novel coronavirus を略したものなのです。

また、現在報道されている「新型コロナウィルス」は 2019-nCoV と表記されることもあります。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

医学・医療・薬学の英語の最新記事8件