What time is it now? は「今、何時ですか?」の訳としては間違い?

ある記事で、「今、何時ですか?」を英訳する際、What time is it now? とすると不自然な表現になり、より自然な表現は、Do you have the time? である、と説明していました。これは、ネイティブの説明だそうです。

まあ、確かに見知らぬ人にいきなり What time is it now? なんて聞くと不自然だとは思いますし、そういう場合は Do you have the time? の方が良いかもしれません。

ちなみに、Do you have the time? と道行く人に声を掛ける場合は、自分の手首を指さすようなジェスチャーで聞くと伝わりやすいです。

What time is it now? は完全に不自然か

ただ、What time is it now? が完全に不自然か、といえば、それも違うと思います。

要は、この文言を使う状況によるところが大きいと思います。

つまり、What time is it now? は、知っている人に時間を聞く表現としては全然OKだと思います。

家で自分が時計を見られる状態にないときに、時計のある部屋にいるルームメイトや家族に対して Hey, what time is it? と聞いても、自然だと思いますね。まあ、最後に now を付けると冗長な感じはしますが、問題ないと思います。

例えば、朝起きて、ベッドで眠たい目を擦りながら、時計のあるリビングで朝食を準備している妻に What time is it? と聞くのは、自然です。なんとなく状況が思い浮かんできませんか。

しかし、こんなときに、妻に向かって Do you have the time? なんて聞いたら、それこそ不自然極まりない表現になりますよ。もしくは、Do you have time?(時間空いてる?)と聞き間違えられます。

まあ、What time is it now? のように、now を最後につけると、さっき時間を聞いていて、再度時間を聞くときに「今は何時?」と聞くようなニュアンスになるかもしれませんが。

とはいえ、What time is it (now)? は、全く不自然な表現ではなく、使う状況によっては、より自然な表現がある、という感じですね。

でも、What time is it (now)? は、時間を尋ねる際に、わりとどんな状況でも通じますが、先ほど説明したような状況で Do you have the time? なんて表現は使えません。

ちなみに、ハリウッド映画でも What time is it now? のセリフがある作品をいっぱい見つけましたよ。例えば、映画『National Treasure(邦題:ナショナル・トレジャー)』でも、そういうセリフは出てきます。

まとめると、以下のような感じです。

道で見知らぬ人に時間を尋ねる場合

What time is it (now)?

若干唐突な感じだが、通じる。

Do you have the time?

自然。ただし、「the」を忘れると、「今時間空いてますか」という意味になり、異性相手だと誘っていると勘違いされるかも。

知人や友人に時間を尋ねる場合

What time is it (now)?

全然OK。むしろ自然な感じ。

Do you have the time?

通じるが、状況によっては「Do you have time(今時間空いてますか)」と聞き間違えられる可能性もある。

見知らぬ人に時間を尋ねるときは Do you know what time it is ? が一番おすすめ

ところで、この「今、何時ですか?」という日本語自体、日本人でも見知らぬ人に使わないと思います。「今、何時か分かります?」みたいに聞くんじゃないですか。

私が英語圏で暮らしているときに、道で見知らぬ人に時間を聞くときに一番使った、もしくは時間を聞かれたときの言い方は、Do you have the time? よりもDo you know what time it is? だったと思います。

今でも、何も考えずに見知らぬ人に時間を聞くときは、自然にこの文言 Do you know what time it is? が出てきますね(英語初学者の人は、最初の文とは it is の順序が違うことに注意してくださいね)。そして、この言い方だと、日本語の「何時か分かりますか。」という言い方にニュアンスが似ていて使いやすいと思いませんか。

まあ、英会話初心者の方は、What time is it now? が自然な表現かどうかなんて全く気にする必要はないと思います。それで十分通じますから。英語に堪能な方は、心に留めておくぐらいの気持ちで良いですかね。

英会話の上達方法

英会話の上達で大切なのは、とにかくたくさん「英語をしゃべる」ことです。

ただし、たくさん英語を喋るためには、相手が喋っている内容を理解し、そして自分の意志を相手に伝えるための知識が必要です。

当ブログ「英語の殿堂」では、英会話に役立つ知識を提供しております。ぜひ学習や勉強にお役立てください。

「英会話」トップへ

また、たくさん英語を使ってしゃべるためには、その機会がたくさんあればよいでしょう。

そのために役立つようなオススメ英会話スクールを紹介しております。ご覧ください。

【2021年最新版】おすすめのオンライン英会話

最近では、オンラインで英会話の練習ができる環境が整っており、以前よりも格段に英会話を上達できるチャンスがあります。

様々な手段を駆使して、ご自身の英会話能力を開花させましょう。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR