Fuckや fucking の意味や使い方 使っちゃいけないけど、便利な感情表現

おそらく、数ある swearwords(悪口、罵り言葉)の中で最も有名でポピュラーなものが fuck でしょう。

最初にことわっておきますが、今回お伝えする「fuck」の文章は、できるなら使わない方が賢明です。

特に、どんな場合に使われるのかとか、使う相手等を間違えると、思わぬトラブルに発展する場合がありますので、気を付けましょう。

fuck の元々の意味とは

fuck の元々の意味は、ずばり「セックスする」です。

このことが転じて、色んな悪口や感情の表現に使われたりするようになったのです。

大阪の方の関西弁で「いてこます」というものがありますが、それに近いんですかね(詳しくは知りませんが)。

ちなみに、教養人は、「fuck」を「f-word」と呼び、直接言及することを避けます。

Hey, don’t use “f-word”.
おい、汚い言葉を使うな。

みたいな感じです。

ニュースやテレビ番組では、誰かが fuck というと、「ピー」といった感じで隠されたり、文字であれば伏字にしたりしますね。日本と同じですね。

少し話は変わりますが、昔、ロックバンドのエアロスミス(Aerosmith)というバンドのミュージックビデオで、最後にきれいな女の子が中指を立てるシーンがあったのですが、その指の部分だけにぼかしが入れてあったのを覚えています。

それだけ、こういう汚い言葉とかジェスチャーには敏感なんですね。

fuck の使い方のバリエーション

「fuck」は、最もポピュラーであるが故に、使い方のバリエーションも豊富です。

中には、相手を罵らない場合にも fuck を使うことがあります。

相手を罵らないという意味で最も問題の無い fuck の使い方は、自分が失敗した時などに、困ったということを表現する場合です。

Fuck! I did it again!
しまった!またやっちまった!

Fucking hell!
なんてこった!ちくしょう!

また、色んな文章に the fuck を入れることにより、より否定的で攻撃的な感情を込めることができます。

例えば、What are you doing?は、「君は何をしてるんだ?」という意味ですが、これに the fuck を入れることにより、より攻撃的で相手を非難するニュアンスを強めることができます。

What the fuck are you doing? 
お前、一体何をやってるんだ?

what の文以外にも、who や where などで始まる文章でも、the fuck を入れてより感情を込めることができます。

Who the fuck are you? 
誰だ、お前?

Where the fuck is my mobile? 
俺の携帯はどこだ?

なお、これら “What the fuck”, “Who the fuck”, “Where the fuck” の fuck は、hell に言い換えることもできます。

私としては、hell の方がより自然に感じます。

もちろん、相手を直接罵る言葉としても、fuck はよく使われます。むしろ、こちらの方が主流でしょうか。

最もポピュラーなのは、Fuck you でしょう。他にも、以下のようなものがあります。

Fucking idiot!
Fucking asshole!

これらの場合、fucking というのは、どちらかというとより強調する意味合いがあります。

idiot は「バカ野郎」とか「間抜け野郎」みたいな罵り言葉ですが、これに fucking をつけて fucking idiot! とすることによって、より罵りの程度が上がる感じです。

fuck off の意味と使い方

相手に対して、「失せろ!」といった意味合いで、以下の言葉もよく使われます。

Fuck off!
失せろ!

I don’t give a fuck の意味と使い方

また、I don’t care (興味ない、どうでもいい)ということを感情をこめて言う場合も、fuck は使われます。

I don’t give a fuck.
どうでもいい。

まあ、この用法では、I don’t give a shit の方がよく聞きますかね。

それでも fuck はあまり使わない方がいい

最初にも述べましたが、fuck はあまり使わないほうがいいでしょう。

私自身、時たま感情が高まった時に使ってしまうことがありますが、自分で使ってても、あまり頭のいい言葉じゃないな、と感じます。

とてもきれいな女性が「fuck」を多用しているのを見ると、とてもゲンナリします(笑)。

英語に慣れてきたら、なんとなく自然に使ってしまう事もあるかと思います。

それでも、余計なトラブルに発展しないように気を付けましょう。

まあ、今日では結構みんな使ってる言葉なので、よほど非常識な場面で使わない限り、深刻なトラブルに発展することはないと思いますが。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR