「リストアップ」は英語で何?和製英語? list up は使わない?

よく「リストを作る」という意味で「リストアップ」という言葉を使いますよね。

「買う物を全部リストアップしておいて」みたいな感じで。

この「リストアップ」はいかにも英語のようですので、つい英語でも list up なんて使いたくなるかもしれません。

しかし、残念ながら、list up という表現は正しい英語ではなく、どうやら和製英語のようです。

では、「リストアップ」は英語でどう言う?

それでは、「リストアップ」を英語で表現するにはどうすればいいでしょうか。

最もシンプルな表現は、単なる list です。

list は、日本語における「リスト」同様、名詞でももちろん使いますが、動詞としても使えるのです。

list は他動詞で、「…をリストにする」とか「…の一覧表を作る」といった意味になります。

辞書によっては、「リストアップする」なんてそのままズバリの訳語を掲載しているかもしれません。

ですから、例えば、冒頭で使った「買う物を全部リストアップしておいて」を英語で言う場合は、以下のように言います。

Can you list all the things to buy?
Can you list all the things we need to buy?
買う物(買わないといけない物)を全部リストアップしておいてくれる?

list を名詞として使って、make a list という風に表現することもできます。こちらは、より「一覧表を作る」というニュアンスが強いですかね。

例えば、「商品をリストアップする」=「商品の一覧表を作る」は、make a list of products なんて表現したりします。

なぜ「リストアップ」という言葉ができたのか

そもそも、なんで「アップ」なんて余計なものをわざわざつけちゃってんでしょうかね?「リスト」だけで十分なのに。

でも、例えば eat up (全部食べる)とか、clean up (全て片付ける、きれいにする)、burn up (全焼する)みたいに、up は「全て」とか「完全に」というふうに「強調」の意味で使われることもあります。

「リストアップ」も、「一つも残さず全部リストに入れる」という意味で、作られた和製英語なのかもしれないですね。

あれ、ちょっと思いつきで書いちゃったけど、本当にそうなのかも…。

他にも間違えやすい和製英語はたくさんあります。「間違えやすい和製英語」にまとめておりますので、ご覧ください。

英語では通じない和製英語を知っておいて、ネイティブの人に「???」という顔をされないようにしましょう。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR