fit, match, suitの意味・違い・使い分け 「合う」「合っている」を意味する英語

dictionary

fit、match、suit は、それぞれ「合う」とか「合っている」という意味で使われる英単語だ。

日本語では同じ「合う」と訳されることがあっても、それぞれの持つニュアンスは少し異なる。

それでは、fit、match、suit はどのような意味を持ち、どのように異なるのだろうか。

「fit」、「match」、「suit」の基本的な違いと使い分け

まず、fit、match、suit がどう違うのか、基本的な違いについて見てみよう。

fit は、サイズや大きさなどが「合う」、「合っている」という意味合いで使われる。

日本語でも、「その服、ちゃんとフィットしているね」などと言うことがあるので、分かりやすいだろう。

match は、2つの物が、質や規格などの点で調和がとれて「合う」という意味合いだ。

suit には、要件や条件に「合う」という意味合いがある。

それでは、それぞれ詳しく見ていこう。

「合う」という意味の fit の使い方

fit には、形や大きさ、サイズなどが「合う」という意味合いがある。

だから、例えば「鍵がカギ穴に合う」というような場合にも使われる。

Find the key that fits the lock.
この錠に合う鍵を探せ。

fit the description の意味と使い方

また、「合う」というよりも「一致する」という日本語の方がしっくりくる意味もある。

fit the description とすると「人相が一致する」という意味だ。

The man fits the description of the murderer.
その男は、殺人者と人相が一致している。

fit the bill の意味

熟語で、fit the bill というものもある。これは、「条件を満たす」とか「望みにぴったりかなう」という意味である。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

fit the bill の意味と例文

fit the pattern of の意味

fit the pattern of という表現は、「他のものと同じように起こる、合致する」という意味に使われる。

病気などでよく使われる表現だ。

The symptoms fit the pattern of pneumonia.
その症状は、肺炎のものと合致する。

「合う」という意味の match の使い方

match には、「ある物が他の物と規格・質などの面で調和する、等しい状態にある」という意味合いがある。

簡単に言えば、2つの物がしっくりくる、という感覚である。

It’s important to match the color of your clothes.
服の色を合わせるのは重要だ。

match the mood の意味・使い方

match the mood は「雰囲気に合う」という意味の表現だ。

日本語でも「この音楽、ムードにマッチするよね」という風に言うことがあるので、分かりやすい。

The music that matches the mood.
この雰囲気に合う音楽。

match the requirement の意味

match the requirement は、「条件・規格などに合う」という意味だ。

「合う」という意味の suit の使い方

suit は、「ある物が、他の物に合う」とか、「ある物が人に合う」といった意味合いで使われる。

また、「ある物が、何かの目的のために都合がよい」という意味合いもある。

match と似たような感覚で使われる。

例えば、match the needs も suit the needs も、「要求に合う、適合する」という同じような意味を示す。

suit the requirement は、match the requirement と、同じような意味である。

suit one’s taste の意味

suit one’s taste は、「好みに合う」とか「嗜好に合う」という意味である。

英語の使い分けをもっと知るために

英語表現の使い分けについてお悩みの方や、語に違いについてもっと興味のある方は、「英語使い分け事典」を是非ご覧ください。

英語使い分け事典」では、混同しやすい英語表現や間違えやすい単語の選び方について、まとめております。

⇒「英語使い分け事典」へ

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR