「…の場合は」を英語に訳すと in case?

「…の場合は」を英語に訳す場合に、たまに in case of とか in the case of、in case that などの文言が使われることがあります。

この使い方は全くの間違いというわけではありませんが、全く正しいというわけでもありません。というのも、ニュアンスが異なる場合があるからです。

試しに手元の辞書を調べてみると、in case of について以下のような意味が書いてあります。

in case of … …の場合には

ただし、この説明は決して十分ではありません。

というのも、in case of … には、「万が一」というニュアンスが含まれているのです。

in case of … がよく使われるのは、例えば「火事」などの非常事態が起こる場合です。特に、注意書きや警告などでよく見かけます。

In case of fire, press this button.
火事の際には、このボタンを押してください。

普通の文章においては、「…の場合は」に対応する訳語として、if, when, for などが考えられます。

2つお買いになった場合は、もう1つ無料で差し上げます。
If you buy two, you will get another one free.

筐体が小さい場合には、アーム210を取り外します。
For a small housing, remove the arm 210.

in case of と in the case of の違い

上に述べたように、in case には「万が一」のニュアンスが伴います。それでは、in case に the を加えた in the case of はどういう意味でしょうか。

in the case of も「…の場合は」と訳せることがありますが、通常はそこに「万が一」のニュアンスはありません。

in the case of は「…については」とか「…に関しては」というように個別の物事について言及する場合に使われるのです。

Many people across the country lost their jobs last year.  In the case of this city, around 1,000 people lost their jobs.
去年は、全国で多くの人が仕事を失った。この都市に関して言えば、約1,000人の人が仕事を失った。

in case of と in the case of、見かけは似ていますが、両者の間には若干のニュアンスの違いがあります。どちらも「…の場合は」と訳せることがありますが、微妙なニュアンスの違いを考慮に入れるようにしましょう。

また、「…の場合は」を英語に訳す場合も、in case of, in the case of, if, when, for 等から、よりその場面に適したものを選択するように心がけるとよいと思います。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR