apostrophe(アポストロフィ)「’」の使い方|文法を究める

apostrophe(’)は、結構何気なく使っている人が多いと思います。私もそんな一人ですが(笑)。

今回は、存在感はあまりないけれど、誰もが使う「アポストロフィ」についておさらいしましょう。

apostrophe の基本的な役割は、以下の3つに集約されます。

1.省略形を作る

2.所有を示す

3.文字などの複数形を作る

それぞれ見ていきましょう。

1.省略形を作る

apostrophe は省略形を作るときに使われます。

よく使われる例としては、「I’m」が挙げられます。

ご存知の通り、I’m は I am が省略されたものです。

他には、’96 のように「年」を省略する際にも使われます。もちろん、’96 は 「1996年」を指します。

なお、基本的に、フォーマルな論文などでは、省略形を使うのは良くないと言われています。私も学校でそのように教わりました。

ですが、最近ではこの決まりも徐々に薄れていっている感があります。それでも、やはり真面目な論文などでは省略形を使うのはできるだけ避けましょう。

2.所有を示す

apostrophe は、名詞を所有格にするために使われます。

例えば、「タロウの父親」という場合、Taro’s father と書きますよね。

このように、名詞を所有格にするために、’s を名詞の後につけます。その際に、apostrophe が使われます。

なお、its は「その」という意味で、it の所有格ですが、たまに it’s と間違えてしまう人がいます。

it’s は it is の省略形であり、「その」という意味にはなりません。it には its という所有格がありますので、アポストロフィが必要ないのです。its は、my や his などと同じ代名詞の所有格になります。

There is a hotel.  Its name is “the Uchoten Hotel”.
ホテルが1軒ある。そのホテルの名前は「有頂天ホテル」だ。

また、名詞が複数形の場合は、語尾が s で終わるものについてはアポストロフィをつけるだけで、「’s」とはしません。逆に、複数形でも語尾が s で終わらないものについては、「’s」をつけます。

boys’ hats
男の子たちの帽子men’s hats
男性たちの帽子

なお、Webster’s New World Dictionary によると、単数形の名詞で、s, sh, z の音で終わるものについては、アポストロフィと s である 「’s」の形でも良いですし、アポストロフィだけ「’」でも良いとのことです。

James’s pen もしくは James’ pen

boss’s desk もしくは boss’ desk

Marx’s house もしくは Marx’ house

どちらでもOKです。

3.文字などの複数形を作る

たまに、文字や数字などを複数形にする必要がある場合があります。

この場合に、アポストロフィをつかって「’s」をつけることにより、その文字や数字などを複数形にすることができます。

There are two p’s in apple.
「apple」には p が2つあります。

 

どうでしょう。普段何気なく使っていた apostrophe について、すこしは整理できたのではないでしょうか。

 

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR