desire that や desirable that の後の動詞は原形?仮定法について

desire は「強く望む」という意味の動詞です。「願望」という意味の名詞で使われることもあります。

また、desirable というのは、desire の派生語で「望ましい」という意味の形容詞です。

さて、この desire や desirable に that をつけて「…(すること)を望む」とか「…(すること)が望ましい」という意味で使う場合、その後にくる従属節(thatの後の節)の動詞はどのように扱われるのでしょうか。

desire that(…することを望む) + 動詞の原形

結論から言えば、desire that (…することを望む)の後は、動詞の原形を置くのが文法的には正解です。

例えば、以下の文章を見てみましょう。

We desire that it be done today.
我々はそれが今日なされることを望む。

この文章で、従属節の it be done に注目してください。

これが、desire that に続く節でなく単文であるならば、it is done となるはずです。ところが、上述の例文では、動詞の be が is に変化せず、be の原形のまま使われていることに気付いたでしょう。

こういう用法のことを文法的には「仮定法」といいます。より厳密には「仮定法現在」です。

「仮定法」の概要については、「英語の仮定法とは 英文法の難関を分かりやすく説明」で説明していますので、ご覧ください。

また、「仮定法現在」については、「仮定法現在 propose + that の用法 従属節の動詞は原形で」でもう少し詳しく説明していますので、是非ご覧になってください。

なお、イギリスでは、仮定法現在を用いず、should を使うこともあります。

We desire that it should be done today.
我々はそれが今日なされることを望む。

desirable that + 動詞の原形

desirable that もしくは it is desirable that(…することが望ましい) も desire that と同様です。つまり、従属節以下では動詞の原形が使われます。

It is desirable that the conditions be met.
それらの条件が満たされるのが望ましい。

洋書 の 売れ筋ランキング

「法の部屋」の目次

英語の仮定法とは 英文法の難関を分かりやすく説明

propose that や request that の後の動詞は原形?仮定法現在の用法 従属節の動詞は原形で

desire that や desirable that の後の動詞は原形?仮定法について

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR