「それぞれ」を意味する each と respectively がそれぞれ異なる理由 知っておきたい使い分け

「それぞれ」を英語に訳す際に、each を使うことが多いと思います。

また、一般的にはあまり使われませんが、respective や respectively を使って、「それぞれ」を訳すこともできます。技術英文では時々見られる表現です。

このように、each も respectively も、「それぞれ」の訳語として用いられることがありますが、これらの単語が持つ意味合いはそれぞれ異なります。

each の基本的な使い方

まず、each から見てみましょう。

each を使うことにより、ある一定の範囲やグループに属する複数の物の個々について言及することができます。

例えば、以下の文章があったとしましょう。

「このシステムは3つの装置で構成され、それぞれの装置は入出力部を備える。」

これを英語にすると、例えば以下のようになります。

This system is configured with three devices, each including an input/output section.
このシステムは3つの装置で構成され、それぞれの装置は入出力部を備える。

また、文章を分けると、以下のようになります。

This system is configured with three devices. Each of the three devices includes an input/output section.
このシステムは3つの装置で構成され、それぞれの装置は入出力部を備える。

このように、「このシステム」という範囲に含まれる「3つの装置」のその各々について個別に説明するために「each」という単語が用いられます。

respectively の基本的な使い方

これに対し、respectively は、例えば以下の場合に用いられます。

The devices A, B, and C include input/output sections 1, 2, and 3, respectively.
装置A,B,Cは、それぞれ入出力部1、2、3を備える。

この場合、「device A」は「input/output section 1」を備え、「device B」は「input/output section 2」を備え、そして「device C」は「input/output section 3」を備えているという意味になります。

つまり、ある1つのグループの事柄が羅列され、それに1対1で対応する形で、もう1つのグループの関連する事柄が羅列される場合に、respectively が用いられるのです。

each と respectively の違いと使い分け

以上をまとめると、each が、あるグループや範囲における複数の事柄のうち、個々の事柄について述べるために使用されるのに対し、respectively は、ある1つのグループや範囲における複数の事柄に1対1に対応する形で、もう1つのグループや範囲における複数の事柄を羅列する際に使用される、ということです。

では、上記の文章 “Each of the three devices includes an input/output section” をそのまま respectively を使って、”The three devices include an input/output section, respectively” と書き直すことはできるでしょうか。

この場合、an input/output section は1つであり、「複数の羅列された事柄」ではありませんので、respectively を使うことはできません。

それでは、”The three devices include three input/output sections, respectively” の場合はどうでしょうか。

この場合では、「ある1つのグループの属する複数の事柄」として「three devices」があり、「もう1つのグループに属する複数の事柄」として「three input/output sections」がありますが、これらの事柄は「羅列」されておらず、また「1対1に対応」していないため、「respectively」を使って表現することはできません。

そして、”The three devices include input/output sections 1, 2, and 3, respectively”としても、「three devices」が羅列されておらず、「input/output sections 1, 2, and 3」と1対1に対応していないので、「respectively」を用いることができないのです(つまり、「three devices」のうちどれが、例えば「input/output section 1」に対応するのかが明らかではないのです)。

respectively を使わない方が良い例

ところで、羅列する事柄が多すぎる文章では、「respectively」をなるべく使わないほうが良い、とする意見もあります(片岡英樹著「必携技術英文の書き方55のルール」 p. 154)。例えば、以下の文章を見てみましょう。

The metal members A, B, C, D, E, and F are placed on the tables 1, 2, 3, 4, 5, and 6, respectively.
金属部品A,B,C,D,E,Fは、それぞれ台1、2、3、4、5、6の上に載置される。

この文章では、「respectively」は正しく使用されていますが、読み易さという点で、あまり好ましくないでしょう。

“The metal member A is placed on the table 1, the metal member B is placed on the table 2, …”というように、1つずつ書き出していく方が、文章は長くなりますが分かりやすくなります。

参考資料:
・リチャード・カウェル、佘錦華、『マスターしておきたい技術英語の基本』、コロナ社、2006
・片岡英樹、『必携技術英文の書き方55のルール』、 創元社、2004

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR