while や whereas の意味と便利な使い方|2つの事柄の対照に

while は、「しばらくの間」という意味の名詞でよく使われます。for a while(一時的に)、after a while (しばらくして)などですね。

while は上に述べた名詞としての意味以外でも、「…する間に」とか、「…だが」とか「…なのに」という意味の接続詞としても使われます。

「…する間に」という意味の while は、「同時に起こっている2つの事柄を述べる」際に使われます。

While I was at work, my wife had lunch with her friends.
僕が仕事している間、妻は友達とランチしていたよ。

また、「…だが」とか「…なのに」という意味の while は、「2つの事柄を対比・対照させる」ために使われます。

The device A shows better performance while the device B is less expensive.
装置Bの方が安価ではあるが、装置Aの方がより良い性能を示す。

このように、while は色んな使い方ができる便利な語ですが、その便利さゆえに、使い方によっては混乱が起こる可能性もあります。

例えば以下を見てみましょう。

Hanako was eating while Taro was driving.
タロウが運転している間、ハナコは物を食べていた。

この解釈でも問題ありませんが、実は以下のように解釈することも可能なのです。

Hanako was eating while Taro was driving.
タロウは運転していたのに、ハナコは物を食べていた。

上の解釈では、「2つの事柄が同時に起こっていたことを単に述べているだけ」なのに対し、下の解釈では、「2つの事柄を対比・対照させている」のですね。解釈の仕方によって、大分ニュアンスが異なります。

上記のような混乱を避けるためには、while の代わりに whereas や although などを使うことも考えてみましょう。

Hanako was eating, whereas Taro was driving.
Hanako was eating, although Taro was driving.
タロウは運転していたのに、ハナコはものを食べていた。

while と whereas は、「…なのに」という意味において相互に置き換えることができますが、whereas には「…の間」という意味はありませんので、混乱が生じません。

ただ、whereas は若干堅い語ですので、論文などでなければ although などを使う方が良いかもしれません。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR