「等式」「不等式」は英語で何?知っておきたい数学の英語

数学英語

「等式」や「不等式」を英語で何というか知っていますか。

数学を扱う論文や文献などを英語で読んだり書いたりする際には、知っておきたい数学用語ですね。

「等式」を英語で

「等式」とは、簡単にいえば、2つの式や数値などが、等号(=)で結ばれた式のことです。

例えば、「1+1=2」なども等式の一つですね。

「1+1=2(いちたすいちはに)」は英語でどう言う?

この「等式」のことを英語で equality といいます。

equality というのは、元々「等しいこと」を意味する名詞ですが、「等号」という意味も持つのです。

ちなみに、上述の「1+1=2」の式で、等号(=)部分は、equals と読みます。これには、「右辺と左辺が等しい」という意味があるのです。

なお、equality には、「等号」という意味の他にも、「方程式」という意味も持ちます。

さらに、化学の分野では、「化学方程式」という意味でもあります。

「不等式」を英語で

「不等式」は、英語で inequality といいます。

「等式」を意味する equality に not を意味する接頭語 in- がついた形です。

なお、inequality には「不平等」とか「不公平」という意味もあります。

数学の英語をもっと学ぶ

当ブログでは、数学に関する英語表現について分かりやすく説明しております。

数学の英語表現をもっと学びたい方は、ぜひ「数学英語事典」をご覧ください。