be not about to … の意味と使い方 否定形にすると意味が変わる?

be about to … は、「…しようとして」とか「まさに…するところ」といった意味のイディオムだ。

例えば、以下のような形で使われる。

I’m about to finish reading the novel.
その小説をもう読み終えるところだ。

詳しくは、「about to の意味と使い方 about to do …とは そして going to との違い」に説明しているので、参照されたい。

さて、ここからが本題なのだが、この be about to … を否定形にして be not about to … にすると、どういう意味になるのかご存じだろうか。

ちょっと意外な意味になってしまうのだ。

be not about to … の意味と使用例

be about to … が「…しようとして」の意味だから、be not about to … は、「…しようとしていない」という意味になると普通は考えるのではないだろうか。

実は、be not about to … と否定形にすると、「(絶対に)…するつもりはない」という意味になってしまうのだ。

例えば、以下の例文を見てみよう。

I’m not about to go out with him, because he is such a stingy person.
彼とは絶対デートしない。だって、本当にケチなんだもの。

「…にしようとして」の否定形が「…するつもりはない」となってしまうというのは面白い。

なお、この表現は、基本的に会話で使われ、あまりフォーマルな表現ではないようだ。

be not about to … の表現が使われている小説

この be not about to … が実際に使用されている小説も紹介しよう。

Dan Brown(ダン・ブラウン)の人気小説 The Da Vinci Code には、以下の箇所がある。

“I missed the first two anagrams, Robert. I wasn’t about to miss the third.”

(Brown p. 144)

このセリフは、同小説の主要キャラクターである Sophie が言ったものだ。

最初の2つの暗号を解けなかったので、「3つ目の暗号ははずすわけにはいかないわ」ということを言っているのである。

この be not about to … のように、否定形にすると意味が少し変わってしまう表現もいくつか存在する。気をつけよう。

他の英語表現もチェック!

英語表現辞典」へ

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR