move in on … の意味と使い方

move in on … という慣用表現がある。

意味は、「…に近づく」という風に記載されている辞書が多いと思う。

では、どういうニュアンスで使われるのか、見ていこう。

move in on … の意味

move in on … は、簡単に言えば「…に近づく」という意味だ。

move in on … の後に続く目的語には、人であったり場所であったりする。

例えば、move in on a person だと、「人に近づく」という意味になる。

ただ、move in on … を使う場合は、単に「近づく」という意味合いでは使わず、「何かしらの目的をもって近づく」というニュアンスがある。

その目的というのは、例えば対象を支配しようとしたり、攻撃・制圧しようとしたり、利用しようとしたりすることを指す。

ということで、その意味するところは、たいていの場合、その対象者にとって望ましいとは思われない行為である。

move in on … の使用例

それでは、move in on … が使われる例を見てみよう。

Police moved in on the demonstrators.
警察は、デモ隊を制圧した。

この例では、「攻撃する」とか「制圧する」というニュアンスで使われる。

その他、「利用する」というニュアンスで使われる例も見てみよう。

アメリカの人気ドラマ Suits のワンシーンである。

このドラマは、敏腕弁護士の Harvey と、その部下である Mike のコンビの活躍を描く法律ドラマだ。日本でも織田裕二主演で放送されたのでご存知の方も多いだろう。

このドラマで、Harvey が同僚の Louis に対して怒鳴り込むシーンがある。そこで、Harvey は、以下のセリフを語る。

Harvey: I’m telling you right now, you’re trying to move in on him?
ハービー:はっきり言うぞ、お前は彼を利用しようとしているだろう?

ここでいう「彼」とは、Harvey の部下の Mike のことである。彼は、自分の部下の Mike を利用しようとした Louis に対して怒りをぶつけている。

Louis が、Harvey に何も断らずに、Mike に近づいて利用し、クライアントを獲得しようとしていた経緯があるからだ。

この例のように、move in on … は、「自分の利益になるように(もしくは利用するため)対象に近づく」、という意味合いで使われることもある。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR