I’m off (I am off) の意味 英語で「行ってきます」「出かける」「休みです」などを表現

日本語では、家からどこかへ出かけるときに「行ってきます」と言うのはほぼ定形ですね。

しかし、英語には日本語の「行ってきます」のように決まった表現があるわけではありません。Bye. とか See you later. などのように、通常の別れ際の表現が使われることが多いです。

それでも、日本語の「行ってきます」にニュアンスが近い別れ際の表現もあります。

それが今回ご紹介する I’m off. という表現です。

be off で「出かける」「出発する」

off は、be動詞と一緒に be off という形で使うことによって、「出かける」とか「出発する」という意味になります。

I’m off.
行ってきます。

off は、「離れて」とか「去って」という意味の副詞として使われることがありますので、I’m off. という表現は「私がそこから離れる」という意味合いになるのですね。

「もう行かなければなりません」、「お暇しなければなりません」という場合にも、I have to go now. の他に、以下のように言う事もできます。

I must be off now. = I have to go now.
もう行かなければなりません。

このように、暇乞いの表現としても使えます。

I’m off で「休みです」

be off には、「(仕事などが)休みである」という意味もありますので、文脈や状況によって意味を判断しましょう。

I’m off today.
私は今日休みです。

I’m off to で目的地なども伝える

be off に 「to + 場所」を付け加えると、「どこに行くのか」と目的地も伝えることができます。

I’m off to the bar.
バーに出かけてくる。

場所以外も目的語として使えます。

I’m off to lunch.
ランチに行ってきます。

また、動詞を付け加えると、「…しに行ってくる」「…しに出掛ける」という意味になります。

I’m off to see my parents.
両親に会いに行ってくるよ。

なお、これまで挙げてきた例文は全て I が主語でしたが、もちろん主語が「私」でなくても be off という表現を使うことはできます。

She is off to Europe tonight.
今晩、彼女はヨーロッパへ発つ。

英語が話せるようになりたいですか?

「なぜ、英語をたくさん勉強しても、話せるようにならないんだろう…」

「英語を話せる人って、やっぱりかっこいい」

そう思ったこと、ありませんか。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

そして、英会話を習得するには、やはり「英語で会話」をすることが一番の早道です。私も経験を通して実感していますが、言語には「習うより慣れろ」という側面が結構大きいのです。

私も、机上の勉強よりも、ネイティブの方と実際に会話し訓練することにより英語が話せるようになった経験があります。

現代では、ネットが発達していて、ひと昔前では考えられないような環境が整っています。これを利用しない手はありません。

下記の記事に、最新版のおすすめオンライン英会話・英語スクールをまとめました。ネイティブの方との会話を通して、英会話能力を高めましょう!

時間はお金よりも大切です。無料レッスンもありますので、まずは第一歩を踏み出す勇気を出しましょう。

【最新版】おすすめのオンライン英会話・英語スクール

「英会話スクール」トップへ

「英会話表現事典」トップへ