「かばん語(portmanteau)」の意味と例

「かばん語」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは、「混成語」とも呼ばれ、複数の語の一部が組み合わさって新たにできた語のことを言います。

英語では、portmanteau word、省略して portmanteau、もしくは blend といいます。

portmanteau は「旅行かばん」の意味です。

つまり、「かばん語」は、英語をそのまま日本語に直訳したような形であることが分かります。

「かばん語」が生まれた経緯

では、なぜ「旅行かばん」が「混成語」の意味として使われるようになったのでしょうか。

「旅行鞄」つまり portmanteau が「混成語」の意味としても使われるようになったきっかけが、ルイス・キャロル(Lewis Carroll)の『鏡の国のアリス(Through the Looking Glass)』です。

『鏡の国のアリス』に以下の文章があります。ハンプティ・ダンプティ(Humpty Dumpty)がアリス(Alice)に説明している部分です。

“‘Well, “slithy“ means “lithe and slimy.” “Lithe” is the same as “active.” You see it’s like a portmanteau — there are two meanings packed up into one word.’”

2つの語が旅行カバンに詰め込まれたような語、という意味で portmanteau が「混成語」の意味として使われているんですね。

「かばん語」の例

ハンプティ・ダンプティが言っていた slithy は、残念ながらあまり使われないようですが、私たちがよく目にしたり聞いたりする「かばん語」があります。

例えば brunch や ginormous です。

brunch の意味と成り立ち

brunch は、そのまま「ブランチ」として、日本語でも使われます。

brunch は、「朝食」を意味する breakfast と「昼食」を意味する lunch とが組み合わさってできた語であるのは有名ですね。

brunch も「かばん語」の1例なのです。

ginormous の意味と成り立ち

他には、例えば、ginormous というかばん語もあります。

ginormous は口語ですが、これは「巨大な」を意味する gigantic と enormous を組み合わせた語で、「とてつもなく巨大な」といった意味で使われます。

同じような意味の語を組み合わせて意味を強調するような形のかばん語ですね。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

造語・かばん語・混成語・新語の最新記事8件