動詞の目的語として使う再帰代名詞 -self の使い方

myself や yourself などのように、-self を後ろに持つ代名詞のことを「再帰代名詞」と呼びます。

再帰代名詞は、「動詞」の目的語として使われる場合と「前置詞」の目的語として使われる場合があります。

今回は、「動詞+再帰代名詞」の例を紹介します。

enjoy + 再帰代名詞(enjoy myself, enjoy yourself, enjoy himself, … など)

enjoy + 再帰動詞」の形で、「…して楽しむ」とか「楽しい時間を過ごす」といった意味になります。

I enjoyed myself at the party last night.
昨晩のパーティーは楽しかったよ。

help + 再帰代名詞(help yourself … など)

help + 再帰代名詞」の形で、「(食べ物など)を自分で取る」といった意味になります。

基本的に、help yourself が使われて、「遠慮せずに自分で好きなものを自由にどうぞ」といったニュアンスで使われます。

There is a plenty of food, so please help yourself.
食べ物はたくさんありますから、自由にお召し上がりください。

make + 再帰代名詞 + at home

make + 再帰代名詞 + at home」の形で、「くつろぐ」といった意味になります。

Please make yourself at home.
どうぞおくつろぎください。

 

上に挙げた例は、いずれも慣用表現のような形でよく使われます。

ぜひ覚えておきましょう。