with all due respect, with great respectの意味と使い方・使用例

business

with all due respect という表現がある。

どういう意味の表現かご存じだろうか。

with all due respect の意味

with all due respect は、「ご意見はごもっともですが」、「お言葉ですが」、「はばかりながら」、「失礼ですが」という意味で使われる。

基本的に、部下などが、自分よりも立場が上の上司などに対して反論する際に、枕詞として使われる。

With all due respect, I don’t agree with you.
お言葉ですが、ご意見には賛同しかねます。

with all due respect は、直訳すれば「すべての然るべき敬意をもって」というような意味だ。つまり、相手に対して敬意を持ちながらも反論する、というニュアンスで使われる表現であることが分かる。

ビジネスシーンでも使える表現である。

with all due respect と同じ意味の表現

with all due respect は、以下のように使われることもある。意味としては同じだ。

with due respect

with all due respect から all を省いた表現だ。

with great respect

all due の代わりに great を用いた表現。

with the greatest of respect

with great respect をさらに丁寧にしたような表現。

英語表現やイディオムの知識を深める

今回学んだ表現以外にも、様々な表現に触れてみたいと思いませんか。

是非、下記をご覧ください。

英語表現・イディオム辞典(英和)

英語表現・イディオム辞典(和英)

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR