「甘やかす」を英語でいうと?甘やかすと「だめになる」のは英語圏の文化でも同じ

子育ては難しいですね。

筆者は子育て真っ最中なのですが、子どもに愛情をいっぱい注ぎたいけれど、厳しくも育てたい。バランスが大事なのでしょうが、それが難しい。

さて、子供は甘やかして育てるとろくなことにはなりません。日本でこのことはよく言われますが、それは英語圏でも同じです。

「甘やかす」に対応する表現として、英語では spoil という語がよく使われます。

Don’t spoil your child.
自分の子供を甘やかさないで。

spoil には、「だめにする」、「台無しにする」という意味があります。よく、食べ物が「傷む」とか「腐る」を spoil で表現することがあります。

The food is spoiled, so don’t eat it.
その食べ物は腐っているから、食べてはいけないよ。

「だめにする」という意味の spoil が「甘やかす」という意味でも使われているのですね。つまり、英語圏では、「甘やかす」=「だめにする」という概念が培われているようですね。

spoil を使った表現

spoil を使ったことわざもあります。

Spare the rod and spoil the child.
鞭(ムチ)を使わないと子供がダメになる⇒「かわいい子には旅をさせよ」

子供が悪いことをした時は、しかるべき罰を与えないと、子供は何が良くて悪いのかを学ばない、ということですね。

とはいえ、厳しくし過ぎても、子供はダメになってしまいそうです。

あれ、ということは、厳しくしても spoil (だめにする)になりそうですね…。

子供にとって見本とあるためにも、親自身が自分に厳しくないといけませんね。そういう心構えには、以下の言葉があります。

Don’t spoil yourself too much.
自分をあまり甘やかすな。

 

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR