【語の知識】president-elect の意味

president-elect は、「選出された大統領」、もしくは「次期大統領」といった意味です。「選出されたけれどまだ就任前の大統領」を指します。

先日、アメリカ大統領にドナルド・トランプ(Donald Trump)が選出され、世界中に驚きが走りました。

そして、世の常というか、いつもの通り、「私はドナルド・トランプが選ばれると予想してました!」と得意げに雑誌やテレビに出てくる専門家もどきの人も大勢出てきました。面白い現象ですね。

さて、「大統領に選出する」の「選出する」に該当する英語の語は elect です。「イレクト」と発音します。例えば、以下のように使います。

Donald Trump was elected as the next President of the United States.
ドナルド・トランプが米国の次期大統領に選出された。

では、現在(2016年11月25日)の段階でドナルド・トランプは米国大統領なのでしょうか。

違いますね。現在の米国大統領は、まだバラク・オバマ(Barack Obama)です。つまり、ドナルド・トランプは、選出されたものの、まだ就任していないのです。

この状態のドナルド・トランプが、president-elect というわけですね。

elect は、普通は上記のように「選出する」という意味の動詞として使われますが、形容詞として使うと「選出された」とか「当選した」という意味として使われます。また、「就任前」という意味も持ちます。

形容詞 elect の他の使用例

例えば、mayor-elect というと、「選出された市長」とか「市長当選者」といった意味になります。

他に面白い例として、bride-elect もあります。これは、「許嫁(いいなずけ)」という意味ですが、現在ではあまり使われません。文字通り理解すれば、「選出された嫁」ですね。女性からの文句が聞こえてきそうです。

昔は、現在ほど嫁さん選びが自由に出来なかった時代もありますので、こういった表現もあったのでしょうね。

なお、「許嫁」に近い概念としては fiancée とか bride-to-be などがありますが、これらはどちらかというと「婚約者」の意味合いが強いです。まあ、「許嫁」という概念自体がもう古いですからね。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR