absent の意味は「欠席の」だけじゃない?意外な absent の前置詞としての使い方

absent は、「欠席の」という意味の単語で、日本では確か中学生で習うような基本的な語です。

He is absent from school.
彼は学校を休んでいる。

こんな感じで習ったと思います。

このように、一般には形容詞のみの用法が知られている absent ですが、実は absent には、前置詞としての用法もあるのです。

前置詞の absent は、「…なしで」とか「…がなければ」とか「…がない限り」といった意味で使われます。英語の without と同じような感じです。

例えば、アメリカの『Los Angeles Times』で以下のような使われ方をしています。

Absent an unexpected groundswell of opposition, Congress this week will pass legislation …”*1
【訳】予期せぬような反対の高まりがない限り、議会は今週にも法案を可決するだろう

まあ、absent 自体に「いる(ある)べき場所に存在しない」といった概念がありますので、「…がない限り」という日本語の意味を知っていなくても、文章はなんとなく理解できるのではないでしょうか。

感覚的には、absent の前置詞的な用法は、新聞記事とか学術的な論文や書籍などで使われる印象です。経済関係の記事でも見かけます。

初等学習で出会うような語にも、意外な使い方があるんですね。

参考資料:
*1 Jaffer, Jameel, Detainee-abuse photos and democracy, Los Angeles Times, October 20, 2009, http://articles.latimes.com/2009/oct/20/opinion/oe-jaffer20

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR