「聞く(聴く)」を意味する英語の hear と listen to  その違いを具体例と一緒に分かりやすく

「聞く」を英語で表現しようとすると、代表的なものに hearlisten to がある。

しかし、両方とも同じ「聞く」という意味であるため、その使い方で迷うことが多い。

今回は、hear と listen to の使い分けについて説明しよう。

hear と listen to の基本的な違い

hear と listen to の基本的な違いは、「意識的に聞こうとしているか」という点だ。

hear の場合、「聞く」という意味であるが、日本語のニュアンスとしては「聞こえる」という意味でも使える。

これに対し、listen to の「聞く」は、「耳を傾ける」というニュアンスに近い。

以下、詳しく見ていこう。

hear の使い方と用例

hear は、上で述べたように、「聞く」という意味でも「聞こえる」というニュアンスがある。

「耳に入る」といっても良いかもしれない。

例えば、以下のように使う。

Can you hear the sound?
音が聞こえる?

I heard the screaming voice.
叫び声が聞こえた。

hear には、「聴力」に関係する言葉でもよく使われる。

例えば、hearing problem というと、「聴覚問題」という意味になるし、hearing-impaired とすると「難聴の」といった意味でも使われるのだ。

hear と一緒によく使われる名詞としては、例えば voice, sound, noise などが挙げられる。

他に、よく耳にする例としては、以下のような表現もある。

I can’t hear you.
声が聞こえないよ。

例えば電話などで、電波が悪く相手の声が聞こえない場合などに使う。

listen to の使い方と用例

listen to は、「意識的に耳を傾ける」といったニュアンスになる。

例えば、以下のように使う。

listen to music
音楽を聞く

listen to the radio
ラジオを聞く

もし、相手に自分の話を聞いてほしいなら、以下のように言う。

Listen to me!
私の話を聞いてよ!

ただ、この場合、hear を使って似たような意味合いのことを言うことも可能だ。

Hear me out!
最後まで俺の話を聞け!

hear out というのは、「最後まで話を聞く」という意味のイディオムなので、こういう使い方もできるのである。



効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR