I’m off で「行ってきます」 「出かける」意味で使う off

日本語では、家からどこかへ出かけるときに「行ってきます」と言うのはほぼ定形ですね。

しかし、英語には日本語の「行ってきます」のように決まった表現があるわけではありません。Bye. とか See you later. などのように、通常の別れ際の表現が使われることが多いです。

それでも、日本語の「行ってきます」にニュアンスが近い別れ際の表現もあります。

それが今回ご紹介する I’m off. という表現です。

be off で「出かける」「出発する」

off は、be動詞と一緒に be off という形で使うことによって、「出かける」とか「出発する」という意味になります。

I’m off.
行ってきます。

off は、「離れて」とか「去って」という意味の副詞として使われることがありますので、I’m off. という表現は「私がそこから離れる」という意味合いになるのですね。

「もう行かなければなりません」、「お暇しなければなりません」という場合にも、I have to go now. の他に、以下のように言う事もできます。

I must be off now. = I have to go now.
もう行かなければなりません。

このように、暇乞いの表現としても使えます。

ちなみに、be off には、「休みである」という意味もありますので、文脈や状況によって意味を判断しましょう。

I’m off today.
私は今日休みです。



be off to で目的地なども伝える

be off に 「to + 場所」を付け加えると、「どこに行くのか」と目的地も伝えることができます。

I’m off to the bar.
バーに出かけてくる。

場所以外も目的語として使えます。

I’m off to lunch.
ランチに行ってきます。

また、動詞を付け加えると、「…しに行ってくる」「…しに出掛ける」という意味になります。

I’m off to see my parents.
両親に会いに行ってくるよ。

なお、これまで挙げてきた例文は全て I が主語でしたが、もちろん主語が「私」でなくても be off という表現を使うことはできます。

She is off to Europe tonight.
今晩、彼女はヨーロッパへ発つ。

 

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR