What a shame. の意味・例文 英語の表現

surprise

定番の英語表現に What a shame. というものがあります。

shame は「恥」や「恥さらし」という意味なので、What a shame. とすると「なんて恥さらしな」という風に解釈してしまいがちですが、果たして正しいのでしょうか。

今回は、What a shame. の意味について説明します。

What a shame. の意味:「なんて残念な」

What a shame. は、「なんて残念な」や「なんてひどい」という意味で使います。

例えば、What a shame! という風に言うと、「なんて残念なことだ」とか「なんてひどいことだ」という意味になります。

What a shame … の例文

What a shame … の後に、その内容を付け加えることも可能です。

What a shame … を使った例文を見てみましょう。

What a shame you missed the opportunity!
その機会を逃しただなんて、残念なことだ!

このように、「…とは残念だったね」という表現に使うことができます。

英語が話せるようになりたいですか?

「なぜ、英語をたくさん勉強しても、話せるようにならないんだろう…」

「英語を話せる人って、やっぱりかっこいい」

そう思ったこと、ありませんか。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

そして、英会話を習得するには、やはり「英語で会話」をすることが一番の早道です。私も経験を通して実感していますが、言語には「習うより慣れろ」という側面が結構大きいのです。

私も、机上の勉強よりも、ネイティブの方と実際に会話し訓練することにより英語が話せるようになった経験があります。

現代では、ネットが発達していて、ひと昔前では考えられないような環境が整っています。これを利用しない手はありません。

下記の記事に、最新版のおすすめオンライン英会話・英語スクールをまとめました。ネイティブの方との会話を通して、英会話能力を高めましょう!

時間はお金よりも大切です。無料レッスンもありますので、まずは第一歩を踏み出す勇気を出しましょう。

【最新版】おすすめのオンライン英会話・英語スクール

「英会話スクール」トップへ

「英会話表現事典」トップへ