Take it easy(テイクイットイージー)の意味と和訳 ネイティブ定番の表現

NO IMAGE

今回は、ネイティブの人がよく使う定番の表現、Take it easy を紹介します。

かなりよく使われる表現ですので、是非覚えておきましょう。

Take it easy の基本的な意味

Take it easy の基本的な意味としては、「気楽にやる」とか「興奮しない」という意味です。

例えば、相手が興奮して起こったときなど、Take it easy を使って相手をなだめたりするのに使います。

John: What? You said my girlfriend is a slut?
ジョン:何?俺の彼女がふしだらな女だと言ったのか?

Tom: Hey, I was just kidding. Take it easy, man.
トム:おいおい、冗談だよ。そんなに怒るなよ。

まあ、こんなジョークを言うようなジョンもどうかと思いますが、take it easy の基本的な使い方がお分かりになりましたか。

さて、take it easy には、他のニュアンスもあります。次の例を見てみましょう。

take it easy = 「気楽にね」

take it easy は、「気楽にね」という風に声をかける場合にも使います。

例えば、相手が疲れていたり、ストレスを抱えているときなどに、「気楽にしなよ」と声をかける場合に使えます。

John: I think you need a little rest. Just take it easy.
ジョン:君は少し休まないと。もうちょっと気楽にやろうよ。

「あんまり頑張りすぎないようにね」といったニュアンスです。

イーグルスの名曲 Take It Easy

Take it easy は、イーグルス(Eagles)の代表曲の一つ『Take It Easy』の曲名でも使われているので、馴染みのある人は多いかもしれません。Take it easy の意味は、まさにこの曲の雰囲気そのものです。

別れの挨拶 Take it easy

上記の基本的な意味の他に、Take it easy は「さようなら」という別れのあいさつで使うこともあります。特に、親しい相手に使います。

Tom: Take it easy, Kate.
トム:またな、ケイト。

Take it easy は、相手に対して「あまり気負うな」とか「リラックスして」と声を掛けるには、とても便利な表現です。また、興奮しすぎた相手をなだめるために使うこともできます。ネイティブの人もよく使う表現ですので、是非使えるようになりましょう。

効率的な英会話の勉強法

「なぜ、英語をたくさん勉強しても、話せるようにならないんだろう…」

そう思ったこと、ありませんか。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

そして、英会話を習得するには、やはり「英語で会話」をすることが一番の早道です。私も経験を通して実感していますが、言語には「習うより慣れろ」という側面が結構大きいのです。

現代では、ネットが発達していて、ひと昔前では考えられないような環境が整っています。これを利用しない手はありません。

下記の記事に、最新版のおすすめオンライン英会話・英語スクールをまとめました。ネイティブの方との会話を通して、英会話能力を高めましょう!

【最新版】おすすめのオンライン英会話・英語スクール

時間はお金よりも大切です。無料レッスンもありますので、まずは第一歩を踏み出す勇気を出しましょう。

「英会話表現事典」トップへ