「挨拶を交わす」を英語で何という?

「あいさつを交わす」は、英語で exchange greetings といいます。

exchange は「交わす、取り交わす」greeting は「挨拶」という意味ですので、日本語と英語とでほとんど同じような感覚で使えますね。

(1) They exchanged greetings and started a conversion.
彼らは挨拶を交わし、会話を始めた。(2) He entered the office and exchanged greetings with his secretary.
彼はオフィスに入り、秘書とあいさつを交わした。

例文(2)のように、「…とあいさつを交わす」という場合は、with を使います。

exchange greetings と似たような表現

「挨拶を交わす」の他の表現としては、以下のようなものがあります。

exchange courtesies
挨拶を交わす

courtesy は、「礼儀」といった意味があり、そこから「礼儀的なあいさつ」といった意味もあります。

この courtesy と似たような言葉に civility というものもあります。civility も以下のように使うことができます。

exchange civilities
挨拶を交わす

なお、くだけた感じの言い方では、以下のように言うこともできます。

say hello to each other
say hi to each other

さて、日本人は、一般に礼儀正しい国民だと言われます。

私もそう思いますが、欧米の方が見知らぬ人でも気軽に「hi」とあいさつすることが多いと思います。知らない人でも普通に挨拶しますし、フレンドリーな感じです。

日本では、知らない人同士の関係がよそよそしい感じがしますね。見知らぬ人に軽々しく話しかけるのは礼儀に欠ける、という考えもあるのかもしれません。

でも、昔の日本は、見知らぬ人同士でも気軽に挨拶していた印象があるのですが、どうでしょう?私はナウな人間なのでそこらへんは分かりませんけれど。

まあ、文化の違いといえばそれまでですが、こと「あいさつ」に関しては、私は欧米のやり方の方が好きですね。日本に来てホームシックにかかる西洋人が多いのも何となく分かります。何となく、避けられているような気になるんですよね。

アメリカのくだらない(?)文化はすぐに日本に入ってくるのに、こういった「あいさつの仕方」のような目立たないけれど良いものはあまり入ってこないような気がします。

あれ、これって、愚痴?