Especiallyを文頭において「特に…」は正しい?間違い?

dictionary

日本語の文章を読んでいると、文頭に「特に」とか「とりわけ」などと書いた文章を見かけることがよくあります。

例えば、「最近は企業の業績が上向いてきている。特に、その傾向は輸出企業で顕著である。」のような感じです。

さて、日本語と同じような感覚で、「特に」を意味する especially を文頭に置くことは可能でしょうか。

今回は、especially を文の始めに置くことについて考察します。

Especially を文頭に置くことは可能?

「特に」という日本語を英語に訳す場合、時々 especially を文頭に使っている文章を見かけることがあります。

例えば、以下のような感じです。

Especially, the tendency is conspicuous for the exporting companies. 
特に、その傾向は輸出企業で顕著である。

さて、文頭に especially を置くことは可能なのでしょうか。

結論から述べると、文頭にこの Especially を使うのはよくありません。

というのも、英語でそのように Especially を使うことがないからです。

ですので、上記の例文は、あまり良い英文とはみなされません。良い英文にするためには、especially を文頭ではなく、文中に置くことを考えてみましょう。

その場合、日本語を読み替えて、「その傾向は、輸出企業で特に顕著である。」と考えて訳すと分かりやすいかもしれません。

The tendency is especially conspicuous for the exporting companies.
その傾向は、輸出企業で特に顕著である。

このように、文中に especially と入れると自然な英文になります。

文頭の「特に」は、In particular, …

日本語の流れを重視して、どうしても「特に」を文頭にもってきたいのであれば、Especially ではなく、In particular を使うとよいでしょう。

In particular, the tendency is conspicuous for the exporting companies. 

こうすると、日本語の流れを重視しつつ、自然な英文にすることができます。

in particular の使い方

上の例では、in particular を文頭に使う例をご紹介しましたが、in particular は文中に使うことも多いです。

例えば、以下の例では、文中に in particular を使う方が自然です。

What did you do yesterday? – Nothing in particular.
昨日は何をしたの? ー何も、特に。(別に何も。)

particularly と especially

なお、particular の副詞形である particularly も、文中で使われる分には、especially と同じように使うことができます。以下は、particularly と especially を置き換えただけで、同じ内容の文章です。

The tendency is especially conspicuous for the exporting companies.

The tendency is particularly conspicuous for the exporting companies.

以上、「文頭で Especially を使うことを避けましょう」ということを説明してきました。

特に、論文など重要な文書では気を付けましょうね。

「語の知識」トップ