「フリーサイズ」は英語で何?free size?和製英語?one size fits all の意味と使い方

日本語でいう「フリーサイズ」。よく服や靴などで、「特にサイズは決まっていません。どんな体形でも使えます」といった形で使われていると思います。

日本でいう「フリーサイズ」は、実は、和製英語って知ってました?

「フリーサイズ」は英語で one size fits all

「フリーサイズ」は、英語で one size fits all といいます。

形容詞的に使う場合は、one-size-fits-all とハイフンで語を繋ぎます。ちなみに、one-size-fits-all の対義語は tailored(あつらえの)であるといえます。

one size fits all は、文字通り訳せば、「1つのサイズで全ての人に合う」といった意味ですね。つまり、「どんなサイズにも合う商品」について使われる表現です。

This dress is one size fits all.
このドレスはフリーサイズです。

one size fits all の他の使い方

最近では、「どんなサイズにも合う」という意味が転じて、「一つの方法が様々に応用できる」といった意味でも one-size-fits-all が使われることがあります。

逆に言えば、one-size-fits all は、個々の事情に応じて設定されていない、という意味で否定的に用いられることもあります。

むしろ、否定的な意味合いで使われることの方が多いかもしれません。

例えば、当時まだ連邦準備制度理事会(FRB)の副議長であったジャネット・イェレン(Janet Yellen、現在は議長)が、2013年1月4日に発表したスピーチで以下のような箇所があります。

“… This line of research suggests that a one-size-fits-all approach to the regulation of financial intermediaries may not be appropriate.”

この文章では、one-size-fits-all はどちらかというと「画一的な」といった意味で使われており、「画一的なアプローチは妥当ではない」という論調になっています。

また、「万能な解決策はない」という意味で、”there is no one-size-fits-all solution”といった表現が使われることもあります。

他にも間違えやすい和製英語はたくさんあります。「間違えやすい和製英語」にまとめておりますので、ご覧ください。

英語では通じない和製英語を知っておいて、ネイティブの人に「???」という顔をされないようにしましょう。

-参考資料-
Yellen, Janet L., Speech at the American Economic Association/American Finance Association Joint Luncheon, San Diego, California, https://www.federalreserve.gov/newsevents/speech/yellen20130104a.htm

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR