「懸垂分詞」とは何か 気を付けたい主語の一致

「懸垂分詞」って聞いたことありますか。「懸垂」とありますが、何も、筋トレで使う用語じゃありません。(ちなみに、筋トレの「懸垂」は、英語で chin-ups と言います。)

「懸垂分詞」とは、英語で dangling participle もしくは misrelated participle と呼ばれるもので、文法用語です。

単語 dangling が、「ぶら下がる=懸垂」という意味なので、それがそのまま「懸垂分詞」という日本語になったのだと思います。

今回は、この「懸垂分詞」がどのようなものなのか、気を付けなければならないポイントと一緒にご説明します。

正しい分詞構文

懸垂分詞の説明に入る前に、分詞構文について簡単に触れておきます。

分詞構文の主語は、主節の主語と一致しなければなりません。

正しい分詞構文は以下のようなものです。

Studying in the middle of the night, I heard a knock on the door.
真夜中に勉強していると、ドアのノックが聞こえた。

上記の文は、以下のように読み替えることも可能です。

While I was studying in the middle of the night, I heard a knock on the door.

つまり、主節の主語と従節の主語が両方とも I で一致しているのが分かります。

このように、従節の主語と主節の主語が一致していなければ正しい文章とはなりません。

懸垂分詞とは何か

懸垂分詞とは、つまり従節の主語と主節の主語が一致していない場合のことを指します。

もし、分詞構文が主語の異なる主節と共に使われた場合、その分詞は懸垂分詞とみなされ、文法的に誤りとなるのです。

以下の文を見てください。

× Doing chin-ups, the dog barked at the door.
懸垂をしていると、犬がドアに向かってほえた。

この文章では、日本語はそれほどおかしくありませんが、英文の方は正しくないのです。以下のように読み替えるとわかります。

While the dog was doing chin-ups, the dog barked at the door.  
犬が懸垂をしていると、その犬がドアに向かってほえた。

なんと、犬が懸垂をしていることになってしまうんですね。

まあ、世界は広いので、もしかしたら懸垂をする犬もいるかもしれませんが…。そんな犬であったなら、もちろん文法的に正しい文ということになります。

英文を書く際は、主語が何であるのか意識して書くようにしましょうね。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR