「メール」は英語で text? email や mail とはどう違う?

text には、本来「本文」や「文書」といった意味がありますが、「メール」という意味でも使われることがあります。

より厳密には、携帯やスマホなどで送信される「携帯メール」などを意味することがあるのです。

でも、「メール」には mail や email などもありますよね。

いったいどのように使い分けるのでしょうか。

「携帯メール」を意味する text

なぜ「本文」などを意味する text が「携帯メール」を意味するようになったのでしょうか。

恐らくですが、元々、「携帯メール」を意味する言葉で text message があったのですが、これが省略されて text だけでも使われるようになったと考えられます。

もちろん、text message も普通に使われます。

なお、「携帯メール」を意味する text は、可算名詞として使うこともできます。

Why didn’t you answer my texts?
どうして携帯メールに返事してくれなかったの?

このように、複数形としても使うことができます。

text と mail と email の違い

日本語では「携帯メール」という風に言うことが多いと思います。

「携帯メール」の中に「メール(mail)」という英語がそのまま使われているので、mail ではなく text が「携帯メール」を意味する、となるとややこしいですよね。

それでは、text と mail の違いは何でしょうか。

text は、上にも述べたとおり、「携帯メール」を指します。

これに対し、mail は、「郵便」とか「郵便物」を指します。つまり、物理的に送られてくる郵便物ですね。

ただ、最近では、mail でも「電子メール」を指すことも多くなり、必ずしも物理的な郵便物のみを指すわけではありません。

ちなみに、「電子メール」は email といいます。

で、text と mail (email) の違いは何か、というと、基本的には text は携帯やスマホで送られる「携帯メール」、そして mail (email) は、パソコンなどで送られる「電子メール」という違いになります。

text は動詞「携帯メールを送る」という意味でも使われる

text は動詞としても使われ、「携帯メールを送る」という意味にもなります。

I’ll text you later.
後でメールするよ。(後で携帯メールを送ります。)

名詞が動詞としても使われるようになったのですね。まあ、そのほうが簡単ですからね。「タピオカミルクティーを飲む」を「タピる」と省略するのと同じような感覚ですかね。

なお、上述のとおり、text は text message の省略形です。

ということは、text message も動詞として使うことができます。ただ、その場合、 text と message の間にハイフン(-)を入れて、 text-message とするのが正当です。

I’ll text-message you later.

ただ、この例文のような形で使われることは、実感としてはあまりないです。長いですからね(笑)。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR