stage fright の意味と使い方

dictionary 辞典

stage fright という表現があります。

stage は「舞台」や「ステージ」、fright は「恐怖」という意味です。

直訳すると「舞台の恐怖」ということになりますが、一体どういう意味で使われる表現か分かりますか?

「舞台で怖いこと」とは一体なんでしょうか。

stage fright の意味

stage fright は、「あがること」や「緊張すること」を意味する名詞句なんです。

特に、観客などの大勢の人の前であがる、ということを示します。「舞台負け」とも言いますね。

なるほど、舞台に上がるときに緊張することを意味する表現ですね。

「あがる」を英語で(DK英語翻訳辞典)

stage fright の使い方と用例

stage fright は名詞なので、日本語の「あがる」とか「緊張する」とか「硬くなる」という風に動詞的に使いたい場合は、get などを使います。

以下、stage fright の使用例を見てみましょう。

to get stage fright
緊張する
I got stage fright when I had to give a presentation.
プレゼンをしなければならないときに、あがってしまったよ。

ちなみに、後述する nervous を stage fright の代わりに使っても、同じような意味の文章になります。

I got nervous when I had to give a presentation.
プレゼンをしなければならないときに、あがってしまったよ。

stage fright の同義語

stage fright と似たような意味としては nervousness があります。「あがる」というような動詞にする場合は、先に述べた get nervous を使います。

get nervous は、get stage fright のように「大勢の人の前であがる」のみならず、どんな場面でも使えるので便利です。

他に似たような表現として、feel self-conscious もあります。

feel self-conscious は、ニュアンス的には「自意識過剰であがる」という意味です。

また、胃がキリキリするような不快な緊張感を表す語として、butterflies を使うこともあります。

butterflies は、have butterflies (in one’s stomach) とか get butterflies (in one’s stomach) という風に使います。

英語表現やイディオムの知識を深める

今回学んだ表現以外にも、様々な表現に触れてみたいと思いませんか。

是非、下記をご覧ください。

英語表現・イディオム辞典(英和)

英語表現・イディオム辞典(和英)