英語で「更新する」を表現する方法 renew と updateの意味と使い分け

「免許を更新する」と「ホームページを更新する」には、同じ「更新」という言葉が使われる。

しかしながら、英語では、このあたりの事情が日本語とは異なり、それぞれ違う語が使われる。

つまり、「更新する」に対応する英語を考えるとき、「更新する」= renew という風な杓子定規的な考えでは、誤った語を選択してしまう可能性があるのだ。

では、「更新する」を英語ではどのように表現するのだろうか。様々な場面を想定して解説しよう。

「更新する」に renew を使う場面と例文

「更新する」を表現する際に最も使われる語は renew だろう。

実際、日本語でも「リニューアルオープン」のような表現を使うことがある(「リニューアル」は renew の名詞形である renewal をそのままカタカナにしたもの)。ちなみに、例に出しておきながら恐縮だが、「リニューアル・オープン」は和製英語である。

そして、たいていの場合は、「更新する」を表現する際に renew を使っても問題ない。その理由を説明しよう。

renew の意味

renew には、以下のような意味合いがある。

・期間や期限を延ばす

・(古い物を)新しい物と取り換える

これらの意味合いは、日本語の「更新する」に含まれる概念と共通する部分が多い。なので、「更新する」に対しては、多くの場合 renew を使うと考えてもよいだろう。

ちなみに、上述のとおり、renew の名詞形は renewal(更新)である。

それでは、「更新する」に renew を使う場合の具体的な例を見ていこう。

「運転免許証を更新する」を英語で表現する

「運転免許証」など license(ライセンス)を更新する際には、renew を使う。

renew a driver’s license
運転免許証を更新する

これは、「会員証(シーズンチケット)」や「契約(リースなど)」も同様である。

「パスポートを更新する」を英語で表現する

「パスポート」には、有効期限が設定されているのは周知のとおり。「パスポートを更新する」にも renew を使う。

renew a passport
パスポートを更新する

なお、「延長する」には extend を使うので、「ビザを延長する」は以下のように表現する。

extend visa
ビザを延長する

「更新する」に update を使う場面と例文

「更新する」のは、免許証のみではない。

例えば、「ホームページ」や「ブログ」なども更新するものだ。

「ホームページ」を更新する場合は、renew を使わず、update を使う。

update には、以下のような意味合いがある。

・(情報を加えたりデザインなどを変えて)最新のものにする

つまり、update は、「up to date にする」という意味である。up to date は、「最新の」という意味だ。

「ホームページ」などに update が使われる理由は、「ホームページの更新」には、既存のホームページに新しいデータを加えたり、デザインを新しくしたりする、という意味合いがあるからである。

この点で、「同じ内容のもの(例えば免許証や会員証など)を更新する」という意味合いとは異なるといえるだろう。

それでは、update を使う具体例を見ていこう。

「ホームページを更新する」を英語で表現する

「ホームページ」や「ウェブサイト」などには、上に述べた理由から、update を使う。

update a homepage
ホームページを更新する

ちなみに、私自身は一般のウェブサイトを「ホームページ」と呼ぶのには若干抵抗があるので、以下の表現を使いたい。

update a website
ウェブサイトを更新する

「アプリケーションを更新する」を英語で表現する

「アプリケーション」や「アプリ」についても、update を使う。新しい機能などを追加したものに更新されるからだ。

ただし、アプリケーションのライセンスなどを更新する、という意味合いでは、先に述べたように renew を使うことに注意しよう。

update an application
アプリケーションを更新する

まとめ

以上、「更新する」の英語表現として renew や update をどのように使い分けるか、を見てきた。

これらの使い分けについて、暗記しようとすると少し骨が折れるかもしれないが、上に述べた基本的な概念の違いを頭に入れておけば、暗記もしやすいし、忘れたとしても使い分けに間違うことは少なくなるだろう。

まあ、忘れたらまたこのブログで確認してほしい。

英語の使い分けをもっと知るために

英語表現の使い分けについてお悩みの方や、語に違いについてもっと興味のある方は、「英語使い分け事典」を是非ご覧ください。

英語使い分け事典」では、混同しやすい英語表現や間違えやすい単語の選び方について、まとめております。

⇒「英語使い分け事典」へ

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR