buy と purchase の違いと使い分け

milk

「買う」を英語で言う場合は、一般に buy を使いますよね。

しかし、buy と似たような動詞に purchase という語もあります。

さて、buy と purchase、どう違うのでしょうか。そして、どのように使い分ければよいのでしょうか。

buy は「買う」  purchase は「購入する」

buy と purchase は、どちらも「買う」という意味では違いはありません。ですから、互いに置き換えて使うことができます。

ただし、buy の方が「買う」を意味する最も一般的で広く使われる語であるのに対し、purchase の方は少しかしこまったニュアンスで、どちらかというと「購入する」に近くなります。

ですから、buy は話し言葉、書き言葉両方で広く使われるのに対し、purchase はどちらかというと書き言葉で使われる度合いが高く、さらにビジネスや契約書などで使われることもあります。

buy は一般的、 purchase は高価・ビジネス

上に述べたように、buy は「買う」で広く一般的に使用され、 purchase は「購入する」のニュアンスであらたまった印象があります。

そのため、buy の方は、値段の低いものから高いものまで幅広い対象について使うことができます。

しかし、purchase の方は、値段の低いものや日用品の類について使うことは稀です。使うことがあっても、それはビジネス的な意味合いを持ちます。

例えば、「ミルクを買う」という場合に、

buy some milk

ということは普通にあります。「スーパーなどで個人が牛乳を買う」というニュアンスです。

しかし、

purchase some milk

という風にすると、「ミルクを仕入れる」とか「(ビジネスや投資として大量の)ミルクを購入する」という意味合いに近くなります。

buy を使った例文

それでは、buy を使った例文を見てみましょう。

I bought some clothes yesterday.
昨日、服を買ったよ。
He wants to buy a ticket for the game.
彼はその試合のチケットを買いたい。

このように、広く一般的に使われます。

「買ってもらった」を英語で何と言う?「…してもらった」「…してくれた」の表現について

purchase を使った例文

それでは、purchase を使った例文を見てみましょう。

Our company purchased the goods.
当社は当該品物を仕入れた。
He bought a share of stock.
彼は株を購入した。

これらの文では、purchase の代わりに buy を使うこともできます。

英語の使い分けをもっと知るために

英語表現の使い分けについてお悩みの方や、語に違いについてもっと興味のある方は、「英語使い分け事典」を是非ご覧ください。

英語使い分け事典」では、混同しやすい英語表現や間違えやすい単語の選び方について、まとめております。

⇒「英語使い分け事典」へ

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR