about to の意味と使い方 about to do …とは そして going to との違い

about to … は、「…しようとしている」という意味の表現である。

この意味からも分かるように、about to の後には、動詞の原形が置かれる。また、about to の前には、be動詞となる。

つまり、正確にいえば、「be about to + 動詞の原形」という表現になる。

例えば、以下のように使う。

I’m about to do the dishes.
僕は皿洗いをするところだよ。

ちなみに、do the dishes は、「皿洗いをする」という意味の表現だ。文字通りに読めば「皿をする」ということになるが、これが転じて「皿を洗う」という意味になるのはなかなか面白い。

be about to と be going to との違い

さて、be about to … が「…しようとしている」という意味であれば、初期の英語教育で誰しも習う(と思われる)be going to … との違いは何だろうか、と疑問を持たれる方もいるのではないか。

be going to … も、近い将来に行う出来事を示す表現であるが、どちらかというと be about to … の方が、「差し迫った近い将来」のニュアンスだ。about to の方は、「これからすぐ」といった感じである。

about to の否定形 not about to …の意味はちょっと意外

ちなみに、about to の否定形である not about to … はどういう意味になるかご存じだろうか。

「…しようとしている」の否定形だから「…しようとしていない」という意味になると思われた方は、是非下記の記事をご覧いただきたい。

be not about to … の意味と使い方 否定形にすると意味が変わる?

英語表現やイディオムの知識を深める

今回学んだ表現以外にも、様々な表現に触れてみたいと思いませんか。

是非、下記をご覧ください。

英語表現・イディオム辞典(英和)

英語表現・イディオム辞典(和英)

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR