何十もの、何百もの、幾千もの…などを英語で何という?

あるモノが多くある場合に、日本語で「何十もの」とか「何百もの」といった表現を使いますよね。

歌詞などでは、少し情緒的に「幾千もの」みたいな表現を見かけることもあります。意味は、「何千もの」と同じですが。

さて、この「何十もの」といった表現を英語に訳す場合、どのようにすればよいでしょうか。

「何十もの…」は tens of …

「何十の…」、「何十もの…」という表現は、英語で tens of … と言います。

ten を複数形にしただけですので、分かりやすいですね。

例えば、「私は列車に何十もの動物が乗っているのを見ました」という場合、以下のように言います。

I saw tens of animals on the train.
私は列車に何十匹もの動物が乗っているのを見ました。

「何百もの…」は hundreds of …、「何千もの…」は thousands of …

「何百もの…」は hundreds of … といいます。

これも、tens と同様、hundred を複数形にしただけですね。

同じく、「何千もの…」、「幾千もの…」も thousands of … と、thousand を複数形にしただけです。

「1万もの」を英語で言うと?

それでは、問題。

「何万もの」は、英語でどのように言うでしょう?

ちなみに、「1万」は英語で ten thousand ですよね。

答えは、tens of thousands of …です。

ちょっと言いにくいかもしれませんが、こういう表現は結構使います。

tens of thousands に似た表現としては、例えば以下のようなものがあります。

 

「何十万もの…」 hundreds of thousands of …

「何千万もの…」 tens of millions of …

「何億もの…」 hundreds of millions of …

日本語にはない表現 dozens of … と scores of …

日本語ではなかなか直訳しにくい表現として、dozens of …scores of … というものもあります。

これは、「12」を意味する dozen と 「20」を意味する score をそれぞれ複数形にしたものです。

両方とも、日本ではあまり使わない数量単位ですので、こういった表現を日本語に訳すのは少し頭を使います。

dozen については、日本語で「ダース」という表現を使うこともありますので、dozens of …を「何ダースもの」と訳すことができる場合もありそうですが、scores of … はどうでしょうか。

あまり数量を厳密にしなくても良い場合は、dozens of … も scores of … も「数十もの…」で訳しても良さそうです。

効率的な英会話の勉強法

英語の習得には、英語に関する知識を習得するだけでは不十分です。実感している人も多いでしょう。

英語に限らず、語学の習得には、知識のインプットは当然のことながら、その知識を土台としたアウトプットが必要不可欠です。

また、その過程で、自分の語学の上達度をアセスすることも必要となります。特にビジネスパーソンにとっては、時間の制約もありますので、自分の上達度合いを把握することは、効率的な勉強のために重要なことだといえます。

最近は、オンライン環境の向上により、英会話がより学びやすい環境が整っています。それでも、英会話の上達度合いを測ることができなければ、効率的に学習を進めることは困難です。

「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」では、CEFRと呼ばれる国際標準規格を日本の英語教育に応用した指標であるCEFR-Jを採用しています。投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された、いわば「日本人の英語学習者のための指標」です。この指標に基づいて、スピーキングレベルが設定されています。

個別に最適化されたレッスンやコンサルティングも提供されておりますので、着実かつ効率的に英語のスピーキング能力を向上させることが可能です。

無料相談も可能ですので、ご興味のある方はどうぞ。



オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR